個別銘柄

【8766】東京海上HD 損保業界No.1!株価・配当金等をチェック【2021年度版】

東京海上HD まとめ

・配当利回り4%超、しかし2020年度に減配

・損保業界No.1のシェア、損保株では一番オススメ!

・最低でも株価「5,000円」以下で拾いたい銘柄

 

【投資初心者の方へ】

月額220円で1株から購入できる証券会社が登場。

少額からでもTポイントでも投資ができちゃう、株主デビューには「ネオモバ」が魅力的!

ネオモバ公式サイトを見る

東京海上HDの株価指標

 

・株価:5,534円

・PER:19.2倍

・PBR:1.09倍

・配当金:235円

・配当利回り:4.25%

・配当性向:81.7%

2021/2/12時点のデータ

 

事業内容

参照:https://www.tokiomarinehd.com/

 

東京海上日動火災保険をメインとするグローバル損保会社、損保業界No.1のシェア。

2021年1月に全社員約1万7千人を対象に副業を推進するなど、大手にして柔軟な取り組みを行っています。

事業セグメント

 

 

国内損保事業が5割、半分を占める

 

しかし事業別利益推移を見ると、

 

国内損害保険事業はピーク時にあたる2017年の254,499百万円から、179,577百万円までおよそ30%売上が減少しています。

19年からの下落はコロナ禍で更に加速しています。

株価チャート

 

1年チャート

 

5年チャート

 

業績悪化により、直近株価は6,000円台まで回復せず

 

過去最高売上/EPSだった2019年から更なる好業績を期待され、株価は上昇していましたが、コロナによって業績は悪化。

株価も金融緩和により全体的に上昇していますが、上値6,000円まで回復していません。

直近1年で見ると「5,000円」を境にブレークし、現在は「5,000円」が下値になっていますので「5,000円」以下で拾いたいですね。

売上高・EPS推移

 

 

2021年度は減収予想

 

保険事業はしっかりコロナの影響を受けています。

EPSも20年:369.7円から21年:287.6円(予想)と22%マイナス、配当性向がも急激に高まっています。

財務状況

 

・自己資本比率:13.4%

・有利子負債倍率:0.08倍

・D/Eレシオ:0.235倍

・ネットD/Eレシオ:▲0.08倍

・ROE:7.48%

・ROA:1.09%

2020/3時点のデータ

 

財務諸表は問題なし

自己資本比率の低さは保険会社だと珍しくありません。

保険会社の事業の仕組みは、契約者から受け取ったお金を運用して増やして、保険金として契約者に返すものです、要するに資産運用の会社とも言えます。

契約者から受け取った保険料=一時的に預かっているだけのお金だという事になりますので、保険料として受け取ると資産が増えた分だけ、負債も増えてしまうので自己資本比率が低くなってしまいます。

配当利回り・配当性向

 

・配当金:235円

・配当利回り:4.25%

・配当性向:81.7%

2021/2/12時点のデータ

 

東京海上HDは利回り4%超の高配当株

 

配当性向も81%と高まっていますが、コロナ禍でも純利益▲20%超とそこまで影響は受けていないため一時的なものと思われます。

東京海上HD まとめ

 

高配当株ポートフォリオのセクター分散として保有するのはあり

 

分散投資として保険事業を営む東京海上HDヘの投資は有効。

しかし株価の上昇も他の株と比べるといまいちなので、株価が下落しない限り積極的に保有しようとは思わないです。

投資初心者にオススメの証券口座

投資初心者には「SBIネオモバイル証券」がオススメす。

・1株から買える

・スマホでお手軽簡単

・Tポイントで投資ができる

少額で分散投資できることが魅力的ですね!

ネオモバ公式サイトを見る