株主優待

【8424】芙蓉総合リース 19期連続増配・カタログギフト優待の隠れ優良株!

芙蓉総合リース ポイント

・2021年度は過去最高業績見込み

・19期連続増配中

・株主優待はカタログギフトか図書カード

・財務状況も問題なし

 

【投資初心者の方へ】

月額220円で1株から購入できる証券会社が登場。

少額からでもTポイントでも投資ができちゃう、株主デビューには「ネオモバ」が魅力的!

 

ネオモバ公式サイトを見る

 

芙蓉総合リースの株価指標

 

・株価:7,440円

・PER:8.3倍

・PBR:0.77倍

・配当金:220円

・配当利回り:2.96%

・配当性向:24.4%

2021/2/15時点のデータ

 

事業内容

 

参照:https://www.fgl.co.jp/index.html

 

みずほ系のリース大手。

航空機リース、不動産リース(商業施設)、再生可能エネルギー(太陽光発電)分野がメイン。

株価チャート

 

1年チャート

 

5年チャート

 

株価は業績とは反対に伸び悩む

 

過去最高業績を更新し続けている芙蓉総合リースですが、株価は連動せず伸びていません。

PBRも1倍以下のため、いまだ割安で放置されています。

5年チャートで見ると「6,000円」以下で拾いたいですが、今すぐにでも保有したい場合でも「7,000円以下」まで待たなければすぐに含み損になってしまいますね。

売上高/EPS推移

 

 

売上/EPSは増収増益見込み

成長率は低いですが、常に過去最高業績を更新し続けています。

配当・優待目的であれば安心して保有できますね。

財務状況

 

参照:https://ssl4.eir-parts.net/doc/8424/ir_material_for_fiscal_ym/89757/00.pdf

 

格付期間からの評価はA以上のため問題なし。

 

リース業は自己資本比率が低く、通常の指標では財務が健全か判断できません。

そのため、外部機関からの評価で財務状況を判断します。

配当利回り・配当性向

 

 

・配当金:220円

・配当利回り:2.96%

・配当性向:24.4%

2021/2/15時点のデータ

 

配当性向は低く、十分な増配余力あり

芙蓉総合リースは19期連続増配中であり、順調であれば20期連続増配となる予定です。

株主還元の姿勢が高く、評価できますね。

株主優待

 

参照:https://www.fgl.co.jp/ir/benefit.html

 

保有期間に応じてカタログギフトor図書カード

 

3,000円相当のカタログギフトか図書カードがもらえます。

権利月は3月です。

2年以上保有すると5,000円相当にグレードが上がります。

長期で保有すると配当+優待利回りが上がるのはメリットが大きいですね。

まとめ

 

リース株で持つならみずほリースより芙蓉総合リース

 

理由としては

①業績が優れている(常に増収増益)

②株価が高い(機関投資家が入りやすく値上がりも期待できる)

③浮動株が少なく、ボラティリティも少ない(みずほリース:9.3%、芙蓉総合リース:6.4%)

が主な理由です。

 

リースで一つ銘柄を保有する場合、私なら芙蓉総合リースを選びます。

投資初心者にオススメの証券口座

投資初心者には「SBIネオモバイル証券」がオススメす。

・1株から買える

・スマホでお手軽簡単

・Tポイントで投資ができる

少額で分散投資できることが魅力的ですね!

ネオモバ公式サイトを見る