個別銘柄

【8316】三井住友FG 配当利回り5%超の高配当株!

三井住友FG ポイント

・三菱UFJに次いで、業界2位

・配当利回りは5%超、累進配当政策

 

【投資初心者の方へ】

月額220円で1株から購入できる証券会社が登場。

少額からでもTポイントでも投資ができちゃう、株主デビューには「ネオモバ」が魅力的!

 

ネオモバ公式サイトを見る

 

三井住友FGの株価指標

 

・株価:3,792円

・PER:13.0倍

・PBR:0.45倍

・配当金:190円

・配当利回り:5.02%

・配当性向:65.1%

2021/2/24時点のデータ

 

事業内容

 

参照:https://www.smfg.co.jp/company/group/

 

金融グループで三菱UFJFGに次いで、業界2位。

傘下に銀行業務、信託銀行業務、証券業務等を担うグループ会社があります。

どの金融グループもやっていることはほとんど同じですね。

株価チャート

 

1年チャート

 

5年チャート

 

株価は長期で見ると下落基調

 

チャートの形状が三菱UFJとほとんど変わらないです。

1年チャートで見ると2020年3月の下値2,500円台から戻していますが、長期で見ると高値5,000円台から下落しているのが分かります。

業績が上向かない限り、値上がりを期待して三井住友FGの株を購入するのは危険です。

売上高推移

 

 

売上高は2018年が過去最高

 

EPSの推移を見てみると

 

2017年 516.0円
2018年 520.7円
2019年 520.0円
2020年 511.9円
2021年 291.9円(予想)

 

2020年から2021年にかけてEPSが43%も下落するという業績予想を出しています。

徐々に銀行の業績が悪化しているのが分かりますね。

財務状況

 

・自己資本比率:4.9%

・ROE:6.55%

・ROA:0.33%

2020/3時点のデータ

 

自己資本比率の低さが目立ちますが銀行は金融業。

自己資本が低いのは問題ないです。

配当利回り・配当性向

 

 

・配当金:190円

・配当利回り:5.02%

・配当性向:65.1%

2021/2/24時点のデータ

 

配当利回りは5%超と高配当!

 

三井住友FGは累進配当政策を実施しており、22年度までに配当性向を40%まで引き上げています。

 

参照:2021年3月期第二四半期決算説明資料

しかし2021年度のEPS悪化予想に伴い、すでに配当性向は60%を超えてしまっています。

このまま配当維持か、配当性向40%に合わせて減配するのか注目されます。

三井住友FG まとめ

 

三菱UFJと同様に株価も業績も下落中

 

両行とも似たり寄ったりであまり変わらない印象を受けました。

銀行株で保有したいならどちらか一行を保有した方が良いと思います。

どちらも高配当ですので、減配しないことを祈るばかりですね。

 

下記は他大手2行に関する分析記事です。

投資初心者にオススメの証券口座

投資初心者には「SBIネオモバイル証券」がオススメす。

・1株から買える

・スマホでお手軽簡単

・Tポイントで投資ができる

少額で分散投資できることが魅力的ですね!

ネオモバ公式サイトを見る