株主優待

【7893】プロネクサス 10万円台で買える長期保有向きのIR銘柄

プロネクサス ポイント

・株価1,000円前後が買い時

・過去7年間で減配なし、株主優待にQUOカード

・参入障壁が高く、長期保有向き

 

【投資初心者の方へ】

月額220円で1株から購入できる証券会社が登場。

少額からでもTポイントでも投資ができちゃう、株主デビューには「ネオモバ」が魅力的!

ネオモバ公式サイトを見る

株価指標

 

・株価:1,239円

・PER:21.5倍

・PBR:1.4倍

・配当金:32円

・配当利回り:2.58%

・配当性向:55.5%

2021/3/2時点のデータ

 

事業内容

 

参照:https://www.pronexus.co.jp/

 

デイスクロージャー大手、決算・IR・株主総会等の書類作成・印刷が主力。

 

ディスクロージャー支援業務は専門性・正確性の双方が求められる専門分野であり、日本では宝&COとプロネクサスの2社が市場を独占しています。

(シェア→プロネクサス:60%、宝&CO:40%)

 

 

そのため、参入障壁が非常に高く、景気の動向にも左右されにくい特徴があります。

株価チャート

 

1年チャート

 

5年チャート

 

プロネクサスは「1,000円」前後が買い時

 

直近5年間は1,000円をサポートラインにし、推移しています。

サポートラインを下回るチャンスは何回かあるので、その際には積極的に買いに向かいたいですね。

売上高/EPS推移

 

 

売上高は2020年、EPSは2019年が過去最高

 

2021年予想は売上高は前年比微減ですが、EPSは15%マイナスとなっています。

独占市場である分、これからどのように巻き返していくかが注目されます。

財務状況

 

・自己資本比率:67.9%

・有利子負債倍率:0.09倍

・ネットD/Eレシオ:▲0.412倍

・ROE:8.32%

・ROA:5.68%

2020/3時点のデータ

 

財務状況は問題なし

 

借金の割合を示す有利子負債倍率も0倍に近く、自己資本比率も70%近くあるためほとんど無借金で経営できていることが伺えます。

ROEは8%台であり、株主から集めたお金で上手に経営ができているかといえば、平均並ですね(東証平均が8%)

配当利回り・配当性向

 

 

過去7年間での減配は、記念増配を除けばなし

 

2015年で一度減配しているように見えますが、これは2014年に2円記念増配をしているためです。

2021年来期も30円→32円へと2円、記念増配を予定しています。

 

参照:2021年3月期第3四半期決算説明資料

 

来期の配当性向はEPS減少もあり、配当性向50%を超える見込みです。

収益がこのまま減少していけば配当は横ばいの状態が続きそうですね。

 

また、プロネクサスは毎年自社株買いを実施しています。

 

参照:2021年3月期第3四半期決算説明資料

 

株主還元の姿勢が高く、自社株買いに積極的であることは非常に好感できますね。

株主優待

 

参照:2021年3月期第3四半期決算説明資料

 

保有年数と保有株式数に応じてQUOカード

 

100株保有すると1年未満は500円ですが、5年以上保有すれば2,000円へグレードアップします。

5年以上保有すれば「配当+優待利回り」は4%を超えてくるため、長期で保有すればするほどお得ですね。

プロネクサス まとめ

 

値下がりしたときに拾って長期保有したい銘柄

 

株価は10万円台で購入できるため、個人投資家も購入しやすい価格帯となっています。

またIRは独占市場のため参入障壁が低く、収益が急激に落ちることも考えにくいため長期保有に向いています。

株主優待の長期保有特典で優待利回りを増やしていきたい銘柄ですね。

投資初心者にオススメの証券口座

投資初心者には「SBIネオモバイル証券」がオススメす。

・1株から買える

・スマホでお手軽簡単

・Tポイントで投資ができる

少額で分散投資できることが魅力的ですね!

ネオモバ公式サイトを見る